一発屋で終わらないためには?


一発屋芸人という人がいます。

ある日突然、売れだして、
いつのまにかいなくなってしまう芸人さ
んのことです。

最近は、そんな一発屋芸人さんを特集す
る番組もあるようですが、移り変わりの
激しい世の中、その数は増え続けている
ようです。

その一方で、一発屋に終わらないで生き
延びている芸人さんもいます。

数は少ないですが、確実にある一定数は
生き延びています。

その違いは何でしょう?

キャリアの違い?
苦労してきた時間の違い?

いろいろ考えられますが、
キャリアがあっても一発屋芸人に終わる
人もいますし、苦労してやっと売れたの
にいつのまにかいなくなってしまう芸人
さんもいます。

そうなると、ただ単にキャリアや苦労の
違いだけでは済ませられません。

誤解を恐れずにいうと、
売れるかどうかは、
実力とは関係ありません。

時流に乗れるか乗れないか
この要素が大きく関わってきます。

だから、
同じことをやってきただけなのに急に売
れだすということは良くあること。

長くビジネスを続けてきた人ならわかる
と思いますが、特別な努力をしなかった
のに売れだしたということは誰もが一度
や二度は経験したことがあるはずです。

まさにこれが一発屋芸人の心境。
たまたま世の中との波長があって売れて
しまったのです。

もちろん、すべての人が売れるわけでは
ありませんから、それなりの努力はして
いたのかもしれません。

辞めないで続けてきた、というのもひと
つの努力ですし、受けるギャグやネタを
考えたのもひとつの努力でしょう。

しかし、売れたのと売れ続けるのは別。

売れ続けるには、売れた理由を知ってい
るか、なぜ売れたのか、なぜ今まで売れ
なかったのか、その理屈がわかっている
かどうか。それがわからないと売れ続け
ることはできません。

これは一発屋芸人だけでなく建売業者さ
んも同じ。

どんなに今売れていてもこのまま売れ続
けるかどうかは、売れる理由、売れない
理由を知っているかどうか、

ちゃんと言葉にして説明できるかどうか
にかかってきます。

それが再現性です。
何度売っても、同じように売れる。
それができるかどうか。

そのための勝利の方程式を自分なりに確
立しているかどうかが、一発屋で終わる
か売れ続けるかの違いです。

理屈なんかどうでもいい、
行動すればなんとかなるという人も多い
建売業界。

しかし、その先に待っているのは時代の
移り変わりという厳しい現実です。

大切なのは、売れることではありませ
ん。売れ続けること。

そのためには限りなく再現性が高いあな
たなりの勝利の方程式を持つことです。

あなたが今、売れているにしろ、売れて
いないにしろ、売れた理由、売れなかっ
た理由をじっくり考えるべきです。冷静
になって第三者の視点で考えることで
す。

それがあなたなりの再現性の高い成功法
則を見つける第一歩。売れ続ける建売業
社になる第一歩です。

逃げないで取り組みましょう。